プロフィール: 増永 玲 ( msng )

猫好きだけど猫アレルギー。渋滞とホシブドウが嫌いです。

略歴

1974年4月13日

生誕

父親と母親の子としてこの世に生を受ける。生まれたときはただの赤ん坊だった。

3歳の頃

右目の目尻に釘が刺さる

あと1センチずれていたら本当に危なかった。

1981年4月

小学生になる

人生で一番よく本を読んだ時期かもしれない。読書そのものが楽しかったこともあるが、たくさん本を読むと誉められることを知っていたからだと思う。誉められるのが大好きな子だった。

7歳の頃

初めて自分でプログラミングをする

このとき作ったのは、簡単な計算の答えを入力するとその正誤が表示されるというもの。「脳を鍛える 大人のDSトレーニング」が発売される20年以上前に、すでに同種のものを作っていたことになる。自分でもすぐ飽きてしまったが。

3年生?の冬

お絵かきコンテストで銀賞

どこだったかのデパート主催「サンタさんの絵」コンテストで銀賞を獲得。小学生が描くサンタさんの絵といえば画面が赤っぽくなるものなので、あえて真っ黒な夜空にサンタクロースを小さく描けば目立つのではないかというチャチな作戦がまんまと成功。実は絵はロクに描けない。

4年生の夏

ネコに手を噛まれる

手の甲と幼い心に一生消えない傷を負った。

1987年4月

中学生になる

実はバスケをやってみたかったのだが、バスケ部は女子しかなかった。これで「モテモテバスケ部員」の夢が脆くも崩れ去る。

1990年4月

高校生になる

自分はボールを使う種目が苦手であることを悟る。当然、球技大会ではまったく活躍できず。なんで球技に限る必要があるのだろう。「バスケが上手かったらエラいんか!」といつも叫んでいた。

1993年4月8日

大学生になる
同日、普通自動車運転免許を取得

大学の入学式を無断でサボって免許を取りに行ったら、教務の人に電話でおこられた。

1993年秋

演劇集団「何様」を結成

「領収書をもらうとき、『お名前はなに様ですか?』と聞かれて『何様です。』と答えてみたい」というだけの理由で命名。後に「誰でも、どなたでも、何様でも楽しんでもらえるようにしたいから」というウソの理由を思いついた。

1996年2月

サンフランシスコで武者修行

レンタカーで田舎道を走っていると、警察に止められた。盗難車ではないかの確認だけだったが、パトカーの助手席にいたドーベルマンに喰い殺されるかと思った。

1996年3月

ニューヨークで武者修行

お金がなかったのでひたすら歩き回った。「ヴィレッジ・ヴァンガードでジャズを聴く」というのがやりたかったので、こっそり忍び込んでちょっと聴いてそそくさと逃げた。

1996年11月16日

ウェブサイト『わしペー』(改装工事中)を開設

当初は『わしのページ』だったが、読者が略して『わしペー』と呼びだしたのでそのまま正式名称にした。

1997年2月

『わしペー』が日経ネットナビに掲載される

せっかく掲載されたのに、同誌はその後廃刊。諸行無常の響きあり。

1997年4月~

高校教師になる

まさか自分が教師になるとは思わなかった。友人に話しても、誰も信じてくれなかった。結局辞めたけど。

1999年8月6日

ニュージーランドで武者修行

友人ジョニーの父ケンがラジオ局に勤めていて「見学においで」というから行ったのに、騙されて生放送に出ることに。

2001年4月下旬

ボウリングで自己最高の242点を記録

ふらりと立ち寄って何となく投げていたら7連続ストライクが出た。自分は天才じゃないかと思ったが、気のせいだった。

2002年8月

ハワイで武者修行

朝からサーフィンする人たちやビーチを散歩するカップルを尻目に大学行きのバスに乗るのがどれほど辛いことか、わかるかおい。

2004年8月

翻訳コンテストで最優秀賞

翻訳会社主催の翻訳コンテストで最優秀賞を獲得。まんまと賞金を手に入れる。

2006年1月8日

ブログ『頭ん中』を開設

「飽きたらやめる」という前提で始めたのだが、書いているうちに面白くなってやめられなくなった。

2006年3月31日

教師を退職

本当にやりがいのある仕事だった。学校で働くことはもうないだろうが、人を育てるのは自分のライフワークだと思う。

2006年8月8日

株式会社バドーゾ設立

2006年9月11日

LLPメディアサプライズ設立

現在

一生懸命生きている

このブログについて

  • 2006年1月8日開設。
  • 世の中のことについて思ったことや感じたことをつらつらと書いているブログです。
  • インターネットやコミュニケーションに関係する話題が中心だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加