WindowsからMacに乗り換えた人に伝えたい、入れておくと幸せになれるかもしれないアプリケーション

MacBook Air の影響もあると思うんだけど
周りで Mac を始める人が増えてきたので
「これ入れとくと幸せになれるかも」
というMac のアプリケーションを挙げてみます。

いいものはいっぱいあるんだけど

  • Mac らしいと思うものや、Windows から Mac に移行した人が困りそうな点を補ってくれるものを優先
  • ブラウザや Dropbox, Evernote など、Windows でも使っていたであろうものは除外

で思いつくものを。

Growl

これは何

他のいろんなアプリケーションの状況を
デスクトップに通知してくれる定番ソフト。

幸せになれるかもっていうか
Mac でこれなしは考えにくいですね。

何が嬉しいの

いちいちアプリケーションのウィンドウを確認しなくても
いろんな状況を画面の隅っこで通知してくれる。

ぱっと思いつくだけでも

  • iTunes で流してる曲の情報
  • ブラウザでダウンロードが完了したよというお知らせ
  • ファイル転送や同期が終わったよというお知らせ
  • Skype チャットで誰が何を言ったかを表示
  • Twitter クライアント経由で自分へのリプライ

いやだからぱっと思いついたのがこれらだっただけで、
もうありとあらゆる通知を自由に設定できますね。

どこで手に入るの

こっからダウンロード。

Skitch

これは何

スクリーンキャプチャを撮ったり編集したりサーバにアップしたりするもの。

何が嬉しいの

  • 好きな範囲をキャプチャして、リサイズしたり文字を入れたり矢印を引いたりと、まあブログに上げる画像なんかだったらこれ一本で大抵のことはできる。
  • 編集した画像をボタンひとつで任意のサーバにアップロードできる。
  • アップロードした画像の URL をクリップボードに入れてくれる。
  • 扱った画像の履歴を自動で残してくれるので「あれどこだっけ」と思ったときにすぐ見つかる。
  • インターフェイスが綺麗。
  • 操作が簡単。ファイルの保存などというメニューすらなくて、ウィンドウの下にあるタブをドラッグ&ドロップするだけ。
  • Skitch のサイト上に画像を上げるための領域も無料で使わせてもらえるので、撮ったものをさっと公開したいときに助かる。

実際、このブログに上げている画像のほとんどは
Skitch を使って編集・アップロードしてます。

どこで手に入るの

ユーザー登録しなくてもダウンロードはできるけど
登録してサーバにアカウントを作っておくと
画像アップするためのスペースをもらえるのでとてもよい。

Google Notifier

これは何

Gmail と Google Calendar の通知を
デスクトップに流してくれるソフトです。

何が嬉しいの

メニューバーに常駐して、
未読メール数や時期の迫った予定などを知らせてくれる。

アイコンをクリックすれば
メールの件名や予定の内容も表示されるし、
それをクリックすればブラウザを開いて
該当メッセージや予定のページに飛んでくれます。

Windows にもあるのかもしらんけど知りません。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

夜フクロウ

これは何

Twitter クライアントです

何が嬉しいの

完全に個人の好みだけど、
他のと使い比べた結果
自分にはこれが一番あってると思った。

シンプルなデザインで見やすく、美しい。

アップデートのスピードもすごい。
どんどん便利になっていってます。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

Facebook Notifications

これは何

Facebook からの通知をデスクトップに流してくれるものです。

何が嬉しいの

今のところ、Facebook は専用のクライアントソフトを使うより
ブラウザで見る方が使いやすいと思ってるんだけど、
あんなもん開きっぱなしにしてたら気になってしょうがない。

Facebook Notifications を起動しておくと、
何かアクションがあったときだけ Growl で通知することができるので
ぱっと目をやってさっと確認するだけでいい。

何か反応したければ、
そこからすぐ該当のページを開くこともできるし。

何か Windows にはそういうのがないのよ、
と聞いたので書いてみました。

どこで手に入るの

これですね。

Adium

これは何

いろんなサービスのアカウントを統合して使えるチャットソフト。

何が嬉しいの

MSN Messanger, Yahoo! Messanger, Google Talk, ICQ から
Twitter, Facebook チャットまで
いろんなアカウントがこれ一本で扱えます。

まあ実は普段 Skype を主に使うからあまり立ち上げてないんだけど
他のをメインに使ってる人も多いだろうし
便利なことには違いないので。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

CotEditor

これは何

テキストエディタです。

何が嬉しいの

軽くて文字コードが扱いやすくてカラーリングができて
正規表現での検索や置換など欲しい機能はひととおり使える。

いやテキストエディタはどれがいいかっていうのは
いくら話しても結論が出ないんだけど、
少なくとも Mac OS に標準でついてくるテキストエディットというのは
文字コードの扱いが少々悩ましいので。

どこで手に入るの

こちらで。

iAntiVirus

これは何

アンチウィルスソフトです。

何が嬉しいの

無料で使えて、動作も軽い。

ClamXav の方が有名かなと思うんだけど、
以前使ってたら何だか急に重くなることがあったので。
何か設定を間違えただけかもしれませんが
ともかく iAntiVirus にしてからそういうことが起きてないので
そのまま使ってます。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

MacWinZipper

これは何

Windows に渡しても文字化けしない
ZIP ファイルを作ってくれるソフトです。

何が嬉しいの

Mac で作った ZIP ファイルを Windows で開くと
文字化けしたり変なファイルが入ったりするんだけど
これはそういう問題が起こらないように圧縮してくれます。

詳しくはこちらで。

追記

その後、WinArchiver という名前に変わりました。

どこで手に入るの

こちらで。

Shadow

これは何

クリップボードの履歴を辿れるようにするソフトです。

何が嬉しいの

OS 標準ではテキストを切り取って入れるクリップボードは
常に前のが上書きされるんだけど、
これを使えば何カ所も次々とコピーしておいて
後から選んで貼り付けることができる。便利。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

どうもこれの製品版らしい Stuf というのが出てるので

パブリックベータという位置づけの Shadow が
今後どうなるのかはわかりません。今はダウンロードできた。

StartupSound.prefPane

これは何

Mac を起動したときの
「ジャーン」という音を消してくれるソフトです。

何が嬉しいの

あの音いらないので。

どこで手に入るの

KeyRamap4MacBook

これは何

MacBook のキーボードをリマップしてくれるソフトです。

何が嬉しいの

OS 標準の設定ではいじれないような
細かいキー割り当ても自由に設定できます。

ここで書いたように、

バックスラッシュの入力を楽にするために使ってます。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。

ここまでは無料で使えるアプリケーション。

以下、有料アプリケーションです。
無料のや OS 標準のと比べた結果
「これは買うしかない」と思ったもの。

Transmit

これは何

ファイル転送ソフトです。

何が嬉しいの

  • 2ペイン画面で、左右のファイルを自由に転送できる。ローカルファイル同士や、サーバ間の転送も簡単。
  • なぜか速い。どういう仕組みかよく知らないけど、やたらと転送が速い。
  • FTP, SFTP, Amazon S3, WebDAV が利用可能。認証鍵使えます。
  • Mac の Finder に準拠したインターフェイスで、いったん Mac に慣れれば扱いやすい。

どこで手に入るの

ATOK

これは何

日本語入力ソフトです。

何が嬉しいの

賢い。

Mac OS 標準の「ことえり」はどうも日本語が以下略。

ATOK は ATOK で、思想の問題なのか何か知りませんが
一部意図的に変換できなくしてある語があったりもするようですけど
そこは必要なら自分でカスタマイズしてしまうということで。
普段の入力の快適さには代えられません。

普段は広島弁を使うので、
「話し言葉中国四国」の設定にしてます。快適。

どこで手に入るの

こちらから。

30日間無料で試用できるので、
他のと比べてみて気に入ったら買うのでいいんじゃないかな。

Witch

これは何

アクティブウィンドウを切り替えるためのソフトです。

何が嬉しいの

Mac OS 標準の機能で
command + tab でアプリケーションの切り替えができるけど
これだと、アプリケーション単位でしか切り替えられない。

Witch を使えば、複数のウィンドウを開いているときでも
ウィンドウ単位で切り替えができるので
複数のテキストファイルを開いてる時なんかに便利。

このときもちょっと書きました。

どこで手に入るの

Witch – Many Tricks

Presto (旧 RapidoWrite)

これは何

キーストロークに定型文を割り当てるソフトです。

何が嬉しいの

メールアドレスや署名など
いつも入力する定型文をあらかじめ登録しておけば
少ないキーストロークで一気に入力することができます。

たとえば「mmm」でメールアドレスとか「adad」で住所とか。

以前は RapidoWrite という名前のフリーソフトだったんだけど
今は Presto という名前の有料ソフトに変わってるみたい。
ともかく便利なのでお金払う価値あるな、と思ってます。

同じようなことができるもので
TextExpander も評判いいみたいだけど、
こっちは使ったことがないのでわかりません。

どこで手に入るの

こちらからダウンロード。
ライセンスは19USドル。
一部機能制限つきの試用版あり。

はいとりあえず以上

使ってるアプリケーションを全部並べてもしょうがないので、
自分がいま OS を入れ替えるとしたら
真っ先にインストールするであろうものを挙げてみました。

他に「こっちの方がいいよ」とか
「これは必須だろ」とかいうのがあったら教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3 Responses to “WindowsからMacに乗り換えた人に伝えたい、入れておくと幸せになれるかもしれないアプリケーション”

  • halo

    2010/11/04 18:10

    AppFreshとかAlfredとかShiftitとかも推薦してみる。

  • ポン太

    2010/11/04 21:17

    ATOKはGoogleIMEに乗り換えちゃいました。
    半分くらい知らないアプリだったので、参考にさせていただきます!

  • Anonymous

    2010/11/05 20:31

    iAntivirusよりsoposのほうがアップデートが頻繁にあってよさそう。
    日本語化もいいかんじだし。