難波-関西空港の特急「ラピート」は210円追加で格段にいい席「スーパーシート」に座れる

大阪市内から関西国際空港へ向かうのに、なんばから出発する場合は特急「ラピート」を利用してます。


Nankai50000Series02“. Licensed under GFDL via Wikipedia.

全席指定で確実に座れるし、急行より早く着くし、スーツケースを置くための場所もあるしで、たいへん具合の良い列車です。

210円追加でスーパーシート

乗車券と特急券のセットで1,130円なんだけど、これに210円追加すると「スーパーシート」に座れます。

もうこれが実に快適で、無条件にこっちを買うようにしてます。

レギュラーシートとスーパーシートの違い

こっちが普通の指定席。

rapit_4

「レギュラーシート」と呼ばれてて、こちらも十分乗り心地いいし快適です。

そしてこっちがスーパーシート。

rapit_3

普通車両が1列4席なのに対して、スーパーシートは1列3席。そのぶん席は広くなってます。

レギュラーシートが前後間隔1030mm、シート幅460mmなのに対して、スーパーシートは前後間隔1200mm シート幅485mmとだいぶゆったりしてます。

もっと大事なところ

足元と幅がゆったりしてるのもいいんだけど、一番大事なのはそこじゃない。

スーパーシートがある5号車と6号車はこのとおり

rapit_1

空いてるんです。

rapit_2

このときは最初から最後まで貸し切り状態。

当然静かだし、周りに気を使う必要もなくてとてもよい。

まあタイミングによってはもっと人が乗ってることもあるだろうけど、これまでスーパーシートが人でぎっしりだった経験はありません。

ということで、乗る人が大幅に増えたら一番の魅力がが失われてしまいますから、みなさんは乗らない方がいいと思います。

関連エントリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加