MacのFinderで不可視ファイルを見えるようにする方法

メモ。
あらかじめ言っておきますがオチはありません。

Mac OS X の Finder でファイルを表示させても、
ファイル名が “.”(ドット)で始まるものは
「不可視ファイル」扱いになって見えない。

OS X は Unix ベースだから
Unix の隠しファイルと同じルールね。

もちろんターミナルで -a オプションをつければ見えるが、
Finder で操作したいときに不便だ。

システム関連のファイルを手動で動かすことはなくても、
例えばウェブサイト一式が入ったフォルダを開いたときなどに
.htaccess が見えないのでコピーや移動ができない。

というわけで、Finder で不可視ファイルを表示させる方法。
検索かけたらあちこちで紹介されているが、一応。

ターミナルを起動して、こう入力する。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true

その後

killall Finder

とすると Finder が再起動して、
不可視ファイルが表示されるようになる。

元に戻したいときは

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false

とするだけ。

ただこれだと
全ての不可視ファイルが表示されてちょっと使いづらくなる。
.htaccess だけ表示するとかそういうことはできないのだろうか。

情報求ム。

お気に召したらフォローとか
シェアとかおねがいします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5 Responses to “MacのFinderで不可視ファイルを見えるようにする方法”

  • 2008/02/22 13:36

    .htaccess を編集したい、ということですから、
    活用シーンとしてはWebサーバにアップするものをローカルで編集するとき、ですよね。
    例えば、FTPクライアントだったら、Finderライクにファイルをブラウズできて、.ファイル(不可視属性ファイル)もみえたと思います。
    というわけで、transmit とかのFTPクライアントを使ったらいいんじゃないですか?
    というのに一票。

  • 2008/02/29 15:01

    > いーちゃん
    そう。結局 Transmit を使ってます。これが自分には一番あってるみたい。
    またこの件についても書きますね。

  • K69

    2008/03/03 18:15

    元に戻したいときは・・・
    defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false
    ですね

  • 2008/03/03 18:32

    > K69さん
    ほんまですね。まちがって true にしてました。ご指摘ありがとうございました。

  • まつ

    2010/11/18 14:07

    ありがとうございます 助かりました!